食品・飲料向け無菌包装市場:カートンと製品の両方に殺菌処理 貯蔵寿命を延し、非冷蔵製品の実現へ

市場概要

乳製品を摂取するメリットが認知され、世界中で多くの人が、乳製品を毎日消費するようになりました。このことに牽引され、比較的保存期間が長い、無菌包装の食品・飲料製品の需要が拡大しました。健康面や機能面を基準に、毎日の食事を摂取する最近の傾向も、無菌包装された食品・飲料の需要を促進するのに役立っています。

無菌包装および無菌充填とは、カートンと製品の両方に殺菌処理を施すことで、貯蔵寿命を延ばし、安全に保存する方法です。食品・飲料メーカーでは、無菌環境下で内容物と容器を別々に滅菌し、微生物による汚染を防ぐために、特殊な工程を用いています。無菌包装により、食品・飲料製品は、冷蔵工程なしで使用できるようになりました。

世界の総人口の増加率を上回るペースで、包装食品を利用する消費者が増えています。また、包装食品に対する消費者の購買力も増加しています。包装食品の支出が増えるのに従い、無菌包装の技術も高まっています。食品および飲料の製造企業は、無菌包装の技術を利用して、卵、ソース、および食事の代替飲料などの分野に参入しています。無菌包装は企業の流通コストの削減に役立ち、無菌加工・包装設備の技術進歩は企業の成長を支える要因となっています。

市場は製品タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]