PD-1・PD-L1免疫療法市場、他の治療法との併用で優れた結果 開発・使用にかかる総コストの高さが阻害要因

市場概況

がん免疫療法はここ数年で大きく進歩し、その中でもPD-1・PD-L1免疫療法は最も有力な治療法の一つとして浮上してきました。多くの臨床試験でその重要性が証明されており、この療法で治療可能な他のがんを見つけるために、現在も多くの臨床試験が進行中です。これらの治療法は、応分の毒性プロファイルを持つ他の治療法との併用で優れた結果を示しています。さらに、ダイナミックな免疫学的研究は、ヒトのがん微小環境における遺伝学とエピジェネティクスとともに、さまざまな併用療法の開発の指針となり、ヒトの免疫系がさまざまなタイプの腫瘍に対してどのように反応し、形成されるかについての新たな洞察を生み出すことが期待されています。

がん治療分野におけるアンメット・メディカル・ニーズが、この市場の成長を大きく牽引しています。さらなる要因としては、がんの有病率の高さやFDA(アメリカ食品医薬品局)による迅速な承認が挙げられます。

市場の成長を促進するための重要な課題がいくつかあります。PD-1・PD-L1阻害剤の開発・使用にかかる総コストが比較的高いことや、保険償還政策がこの市場の成長を抑制しています。

市場は、タイプ、アプリケーション、地域別に分類しています。

競争環境

世界レベルでのPD-1・PD-L1免疫療法の採用が急増していることから、がん治療のためのPD-1・PD-L1免疫療法セグメントの製品開発への投資が奨励されています。多様な製品ポートフォリオと市場への浸透の高さから、Merck&Co.,Incはこの分野のパイオニアであり、重要な競合企業となっています。

地域別では、北米が最大のシェアを占めています。これは医療インフラの整備、一人当たりの所得の増加、保険償還政策の改善などによるものです。また、アジア太平洋地域は最速のCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]