軍用弾薬市場、2020年から2025年はCAGR5.40%で成長予測 軍の強化に向け、ミサイル市場が成長見込み

市場概要

軍事弾薬市場は成熟した市場であり、海軍、空軍、陸軍などのプラットフォーム向けの軍需品の生産は、長年にわたり増加しています。さまざまな国で弾薬が新たに開発され、市場は大きな変化を経験しました。COVID-19の発生は、2020年から2021年にかけて、市場に影響を及ぼすと考えられています。一方で、2025年に向けて大幅な成長を遂げると予想されます。同市場は、主に軍隊の攻撃力と防御力の強化に向けて、ミサイル市場の成長が見込まれています。アジア太平洋、中東、アフリカなど、新興国での軍事弾薬需要の勢いは、海軍、陸軍、空軍など、さまざまなプラットフォームにまたがる軍事弾薬企業に市場機会を創出すると予想されています。

軍用弾薬の市場規模は2019年に578億9000万米ドルに達し、2020年から2025年にかけてはCAGR5.40%で成長すると推定されています。

市場は、北米(米国、カナダ)、欧州(ドイツ、英国、フランス、イタリア、ロシア、その他)、アジア太平洋(中国、韓国、日本、オーストラリア、インド、その他)、中南米、中東・アフリカ、その他に分類されます。

市場の主要企業

市場の主なプレーヤーは、BAE Systems、CBC Ammo、Chemring Group PLC、Denel SOC Ltd、Elbit System Ltd.、FN HERSTAL、General Dynamics Corporation、EXPAL Systems、Lockheed Martin Corporation、Nammo AS、Nexter KNDS group、 Northrop Grumman Corporation、Olin Corporation、Poongsan Corporation、Raytheon Technologies Corporation、Rheinmetall AG、Rosoboronexport、RUAG Group(RUAG Ammotec AG)、ST Engineering、Thales Group、Vista Outdoor OperationsLLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]