セルラー接続ドローンの市場規模、2023年に5億9210万米ドルに達し、2023年から2030年にはCAGR 13.58%で成長予測 2019年は中国が最大シェアを獲得

市場の概要

セルラー接続ドローン市場は、5Gの採用率の高まりやリアルタイム測位システムの必要性から、2023年から2030年の間は小幅な成長が見込まれています。セルラー接続ドローンは、セルラーネットワークを使用して、ドローンの測位、ナビゲーション、通信を行います。ドローンの運用にセルラーネットワークを使用することは、既存のインフラを利用して運用コストを低く抑えながら、BVLOS(Beyond Visual Line of Sight)運用をより広い規模で展開する重要な手助けとなります。セルラー接続ドローンはリアルタイムで状況を分析し、コンピュータビジョン、人工知能、IoTなどの革新的な技術と組み合わせることで、完全に自動化されたドローンソリューション開発のための新たなゲートウェイとなります。

セルラー接続ドローンの市場規模は2023年に5億9210万米ドルに達し、2023年から2030年の間にCAGR 13.58%で成長すると予測されています。2019年はアジア太平洋地域が世界市場を席巻し、中国が最大シェアを獲得すると予想されています。また、2023年から2030年の間、アジア太平洋地域と北米は高い成長率を示すと予測されています。

市場は、ドローンの種類、運用範囲(BVLOS、VLOS)、アプリケーション、エンドユーザー、地域などに分類されています。

市場は、北米、アジア太平洋、欧州、その他の、4つの地域に分類されます。

市場の主要企業

主な市場プレーヤーは、Airbus SAS、AT&T Inc、China Mobile、Ericsson、Huawei Technologies、MediaTek、Nokia、Qualcomm、Samsung、T-Mobile、Verizon、ZTE Corporation、Drone Base、Ehang、Terra Drone、XAG Co. などがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]