食品安全性検査システムおよびサービスの市場:遺伝子組み換え食品、残留化学物質などに関する懸念が、各国の政策決定に多大な影響

市場の概要

食品市場は、規制が極端に少なく、食中毒や食品リコールが多く発生したため、安全性が求められるようになりました。業界の規制がはるかに厳格化された今も、この懸念は根強く残っています。病原体やその他の有害物質に汚染された食品への危惧から、食品安全性試験は様々なレベルで必要とされ、進化を遂げてきました。また、遺伝子組み換え食品、残留化学物質、その他の問題に関する世界的な懸念と現在進行中の問題は、各国の政策決定プロセスに大きな影響を及ぼしました。

食品産業のグローバル化は、食品安全性検査市場における主要な課題です。各国間の異なる地域規制や監視は、サプライチェーンの不確実性をもたらす可能性があり、食品安全性検査業界にも影響を及ぼします。

誘導結合プラズマ(ICP)技術などの食品安全性検査技術が、最速で成長すると予想されます。これらの技術は、食品・飲料業界の様々な用途で使用されており、食品の腐敗、保存、発酵に関連する微生物の種類、数、代謝物など、製品の特性をチェックするために使用されます。食品メーカーや研究所で技術の採用が急速に高まっていることと、食中毒の増加が相まって、市場の成長を支える要因となっています。

市場の主要なプレーヤーは、既存および新製品や技術について一般の人々の認識を高め、競合他社の製品ポートフォリオと競争するために、近年、合併や買収の数を増やしています。

競合他社の状況

世界レベルでの食品安全性検査システムとサービスの採用の増加は、この業界に投資する企業の間で話題を呼んでいます。

食品検査システムとサービスを提供する企業は、3M、ALS Ltd.、AsureQuality Ltd.、Bio Rad Laboratories、BioMerieux、Merck、Neogen Corporation、Qiagen、SGS SA、Eurofins Scientific、Intertek Group plc.、Bureau Veritas SA、Mérieux NutriSciencesなどがあります。

地域別では、北米は市場の認知度が高く、最大のシェアを占めています。一方、南米地域は最速のCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]