精密医療市場:スマートデバイスのヘルスケアへの統合、バイオ製薬会社とIT企業の提携による診断ツールの開発などにより急速に拡大中

精密医療とは、個人の遺伝子プロファイルに合わせて開発された医学を指し、疾患の予防、診断、治療に関する指針を提供します。集団の細分化は、個人のゲノム構造や特定の薬物分子との適合性に応じて行われます。精密医療市場では、分子生物学を応用して、患者の病気の原因を分子レベルで研究し、ターゲットに基づいた治療や個別化された治療を適用することにより、患者の健康に関連する問題の解決を目指します。この業界は、個人のヘルスケアに対する意識の高まり、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスのヘルスケアへの統合、精密診断ツール開発を目指す診断薬会社やバイオ製薬会社とIT企業との提携や契約の増加などにより、急速に拡大しています。

現在の精密医療市場には、Abbott Laboratories、Almac Group Ltd、Amgen Inc、ANGLE plc、アステラス製薬、Astra Zeneca PLC、ASURAGEN INC、Bio-Rad Laboratories、bioMérieux SABristol-Myers Squibb Company、Cardiff Oncology、CETICS Healthcare Technologies GmbH、Danaher Corporation、Eli Lilly and Company Limited、Epic Sciences, Inc.、F. Hoffmann-La Roche Ltd、GE Corporation、Gilead Sciences, Inc.、GlaxoSmithKline Plc、Illumina, Inc. Intomics A/S、Johnson & Johnson Company、コニカミノルタなど、大手企業が中心となり進出しています。

市場は、製品タイプ、エコシステムアプリケーション、地域別に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]