睡眠時無呼吸症向け新興デバイスおよびプラットフォームの市場規模、2021年から2030年のCAGR は、9.94%で成長予測

市場概要

睡眠時無呼吸症向け新興装置およびプラットフォームの市場規模は、COVID-19パンデミックの影響で急激に拡大し、2019年度には48億8220万米ドルに達しました。2021年から2030年にかけてはCAGR 9.94%で成長すると予測されています。現在、既存および新興のヘルスケア企業を合わせ、45社以上がこの市場で事業を展開しています。

米国食品医薬品局(FDA)、米国治療用品局(TGA)などの様々な規制機関が、COVID-19パンデミックに対応して、人工呼吸器として、持続的気道陽圧(CPAP)装置、バイレベル気道陽圧(BPAP)装置、適応型サーボベンチレータ(ASV)などの陽気道圧(PAP)装置の使用を承認しています。さらに、COVID-19陽性患者の睡眠時無呼吸症候群の場合、PAP装置の使用で患者間の感染リスクを高める可能性があるため、口腔内器具の需要も大幅に増加しています。その他にも、家庭用睡眠検査装置、睡眠時無呼吸症スクリーニング・モニタリング装置・ソリューションなどの需要が増加しました。従来のデバイスに加えて、新しい治療用デバイスや診断・モニタリング用デバイスも需要が大幅に増加しています。

ヘルスケアの専門家は、規制や業界の決定が睡眠時無呼吸症向け新興デバイスおよびプラットフォーム市場に与える影響を継続的に分析しています。市場は、睡眠時無呼吸症のリスクに対する意識の高まり、治療のための口腔内機器の使用量の増加、携帯型装置の需要の増加、治療・診断装置・プラットフォームの技術的進歩などの要因によって牽引されています。

新しい治療法と診断、モニタリング装置とソリューションの開発、および睡眠時無呼吸症向け装置の採用の増加により、市場は支えられています。

市場は、製品タイプ、エンドユーザー、地域分析に基づいて分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]