電気自動車用センサー市場:バッテリーの大容量化や充電技術の発展に伴い、温度・電流・圧力の検知に活用

電気自動車用センサーの市場予測

電気自動車は、様々なタイプの温度変化や負荷変動にさらされています。最新のEVでは、機能やデバイスも、車両に搭載されているバッテリーパックから電力を供給されています。EV用バッテリーの大容量化や充電技術の発展に伴い、走行中の温度、電流、圧力などの変化を監視し、機能範囲以上の増減を検知して解決することが求められています。そのため、電気自動車の温度・電流・圧力の変化を監視する電気自動車用センサーが活用されています。

電気自動車用センサー市場の主要地域

電気自動車用センサー市場は、北米、アジア太平洋・日本、欧州、中国、英国、その他の地域の6つの主要地域に分類されています。

電気自動車用センサー市場の主要企業

主要な市場プレーヤーには、デンソー、Infineon Technologies AG、NXP Semiconductors、Texas Instruments Incorporated、LEM、甲神電機、Vishay Intertechnology、Inc.、Allegro MicroSystems、LLC、Amphenol Advanced Sensors、Ams AG、Analog Devices、Melexis、Renesas Electronics Corporation、Sensata Technologies、STMicroelectronicsなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]