防空システム市場、2020年から2025年にCAGR 3.25%で成長予測 指向性エネルギー兵器、極超音速兵器、電磁レールガンなどの開発により市場は拡大

市場の概要

防空システム市場は、2020年から2025年にかけてCAGR 3.25%で成長すると予測されています。

さらに、ミサイル防衛システムの近代化、監視レーダーの適用範囲の拡大、指向性エネルギー兵器、極超音速兵器、電磁レールガンなどを含む近代的な防空システムの開発などの需要により、市場は拡大すると予想されています。また、防空システムの高度化やプログラムの開発は、同システムの需要とそれに伴う投資により牽引されています。

防空システム市場の範囲

防空システム市場は、タイプ、コンポーネント、レンジプラットフォーム、展開モード、地域などに分類されます。

地域別では、北米、アジア太平洋、欧州、中東の4つの地域に分類されています

市場の主要企業

市場の主要プレーヤーには、Almaz Antey、Aselsan A.S.、BAE Systems、Boeing、Elbit Systems Ltd.、General Atomics、Hanwha Defense、Israel Aerospace Industries Ltd、KONGSBERG、Lockheed Martin Corporation、Leonardo S.p.A、MBDA、Raytheon Technologies Corporation、Rafael Advanced Defense Systems Ltd.、Rheinmetall AG、Saab AB、Thales Groupなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]