次世代外科用ロボットの市場規模、2030年に8億8450万米ドルに到達予測 主要なプレーヤーによる高精度手術ロボットの開発が進む

市場の概要

次世代外科用ロボット市場は、将来的に拡大することが予想されます。主要なプレーヤーのいくつかが、遠隔手術技術の能力を試しながら、小型化、自律化を研究し、高度な手術ロボットの開発に取り組んでいます。次世代の外科用ロボット市場は、製品化を実現できたのは2社のみで、開発は初期段階にあります。他社による製品はまだ調査段階にあり、2020年から2030年に発売が予定されています。医療インフラの改善が進んだ国では、外科用ロボット領域での投資や資金調達が増加しており、その利点に対する認識の高まりから、次世代外科用ロボット市場の成長を後押しすると予想されています。

市場予測

次世代外科用ロボットの市場規模は2019年に1090万米ドルと評価され、堅調な成長が見込まれています。同市場は、慢性疾患の有病率の増加、高齢者人口の増加と相まった世界的な人口増加、先進国における市場に有利な政策、先進的なロボットプラットフォームを開発するための投資の増加などを主な要因として、2020年から2030年までCAGR44.6%で成長を続け、2030年には8億8450万米ドル規模に達すると予測されています。しかし、熟練した専門家の不足や規制的な枠組みなどのいくつかの要因が、市場の成長を妨げると予測されます。

競争環境

次世代外科用ロボット市場は、PROCEPT BioRobotics Corporation、続いてCMR Surgical Ltd.が独占しています。この市場に参入している企業は、研究機関と協力して研究能力を拡大し、技術的に高度な製品を開発しています。

2016年1月から2020年6月の過去4年間において、市場では25の主要な開発が報告されています。特定の治療法が確立していない手術用途をターゲットに、より技術的に進んだ製品を市場に導入するための努力が行われています。機能が強化された新しいデバイスやアップグレードされたデバイスの導入により、次世代技術の新たな使用方法を開拓することが可能になっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]