感染症バイオマーカー検査の市場、2020年から2030年に14.48%のCAGRで成長予測 臨床診断の主要分野として発展

新興および再興感染症の蔓延は、世界中で経済的、社会的、臨床的負担をエスカレートさせ続けています。2016年、世界保健機関(WHO)は、3つの感染症を死因トップ10に挙げました。その中には呼吸器感染症、下痢性疾患、結核が含まれ、それぞれ300万人、140万人、130万人が死亡しました。最先端の医療システムで、感染症の発生抑制のための努力がされているにもかかわらず、世界は感染症の脅威に直面し続けています。そのため、より良い治療結果を求める声が高まっており、予防に効果的な医療とオーダーメイドの薬物療法の必要性が高まっています。治療への第一歩である診断は、感染症の有病率の増加により、積極的な投資が常に行われています。診断の分野は、病気の診断、スクリーニング、予後を支援する様々な製品の開発と導入により、数十年の間に急速な変化を遂げてきました。診断の主要分野であるバイオマーカー検査は、臨床診断学の中でも最も変革的でダイナミックな分野の一つとして発展しており、感染症の幅広い分野で医療に革命を起こし続けています。最近のCOVID-19の発生により、感染症バイオマーカー検査は高い成長率でダイナミックに発展すると予想されています。

感染症のバイオマーカー検査業界は、最も急速に進化している市場の1つであり、その市場規模は、2020年から2030年に14.48%のCAGRで成長すると予測しています。市場の成長は、感染症の世界的な有病率が非常に高くなっていること、バイオマーカー同定市場の成長と分子技術の進歩、スピード、感度、患者のコンプライアンスが向上したプラットフォームの急速な進歩、研究開発演習を実施するための多額の外部資金提供などの主要な推進要因に起因しています。

市場は、新興国における感染症バイオマーカー検査製品の採用範囲の拡大、自動化・多重化技術の採用、疾病検査サービスを提供するCRO数の増加などにより、大きく成長すると予想されています。しかし、不透明な償還シナリオ、検査センターの不足、複雑な規制の枠組による新規検査承認の遅延など、市場の抑制要因もあります。一方で、患者ケアの向上と医療インフラの改善を目的とした世界各国の政府からの支援が増加していることから、市場は力強い成長が期待されています。市場への新規企業の参入やバイオマーカー検査の新製品ラインの発売により、今後数年間の成長がさらに期待されています

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]