CBD (カンナビジオール) 飲料の市場規模、各国で進む医療用大麻の合法化により急激に拡大見込み 炎症や痛みの治療に利点

過去10年間に医療用大麻とその副産物の合法化が各国で進み、CBD入り飲料業界は大きく変貌を遂げました。CBDは大麻に含まれる非鎮静作用のある化合物で、不安、抑うつ、気分の高揚など様々な健康状態の治療にも効果があります。世界アンチ・ドーピング機関(WADA)によるスポーツ分野でのCBDの合法化後、炎症や痛みの治療にCBDの利点があるため、業界には大きな市場機会が期待できます。

メーカーは、スポーツ選手、薬用、一般用等、変化する消費者の嗜好に合わせて、さまざまな分野に対応するため新製品の開発に積極的に取り組んでいます。アルコールと炭酸飲料市場を占有している大手企業は、同業界への関心を示しており、製品開発のため重要な投資を行いました。その結果、関連製品に対する顧客の知識と需要の高まりや、製品開発のための継続的な投資により、市場が注目されています。 

CBD入りの食品や飲料は、食品やヘルスケア業界に新たなトレンドを打ち立てています。これらの栄養価の高い飲料は、食品・飲料業界で確固たる地位を確保しています。CBD製品の合法化と規制に関する課題を残しながらも、CBD飲料はその利点から世界的に採用されています。業界は、CBD飲料業界の将来を形づくるため、これらの飲料のための顧客の嗜好や製品に対する意識の改革を目指しています。

2019年時点で約2億6400万人が苦しんでいるうつ病などの健康問題は、病状の改善に有用な大麻ベースの製品への需要にも拍車をかけています。また、CBDは痛みの緩和、気分の改善など、リラクゼーションのために人気が高まっています。その結果、人々は日常生活の中でCBD入りのドリンクを摂取するようになり、市場の成長を後押ししています。

業界は、異なる地域でCBD飲料を栄養補助食品としてマーケティングすることに、課題を抱えています。しかし、CBD飲料をより健康的な形態で生産するための継続的な研究開発は、CBD飲料業界にとってさらなる好機となります。

競争環境

CBD入り飲料の採用が急増していることから、企業はこの業界に投資するようになりました。アルコール飲料やノンアルコール飲料など、多様な商品を提供する多くのグローバル企業が、ハイネケンN.V.のLagunitas Brewing Companyブランド、Constellationブランド、The Alkaline Water Company、Puration Inc.などのように、CBD入り飲料も提供しています。

地域別では、北米が大麻製品の需要拡大、健康志向の高まり、医療・娯楽目的でのマリファナ合法化などにより、CBD入り飲料の販売金額でトップシェアを占めています。これとは別に、2020年から2025年には、オーストラリア、日本、英国が最も速いCAGRで成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]