皮膚マイクロバイオーム調節の市場、化粧品業界を中心に皮膚疾患対処分野への開発投資が進む

皮膚のマイクロバイオームは、腸内マイクロバイオームの域を超えて応用の機会を広げている刺激的な研究分野です。皮膚クリームにプロバイオティクスを使用することは、10年以上前から研究の対象となっています。理解を深めることで、皮膚マイクロバイオームの機能を理解し、ニキビ、湿疹、酒さなどの疾患への対処方法がわかるようになるため、世界の化粧品業界はこの分野に多大な投資を行っています。また、すでに製品を商品化している新興企業も数多く存在しています。皮膚のマイクロバイオームの調節に基づいた新薬の研究は、今後の大きな発見につながると予想されます。

同市場は、現在、コルゲート・パルモリーブ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン・サービス社、ロレアル社、TULAライフ社、ユニリーバ社、ヤクルト本社など、主に化粧品メーカーにより独占されています。また、スキンケアやヘアケア用のプロバイオティクス製品やプレバイオティクス製品を幅広く提供している企業に、ヤクルト本社があります。

マイクロバイオームが持つヒトの健康に対する可能性など、同市場は複数の要因で世界的に重要視されています。また、歴史のある化粧品企業が皮膚マイクロバイオーム業界、さらには世界市場に参入することは、業界全体にとって有意義な成長につながると期待されています。

競合環境

主要企業であるコルゲート・パルモリーブ・カンパニー、ジョンソン・エンド・ジョンソン・サービス社、ロレアル社、TULAライフ社、ユニリーバ社、ヤクルト本社などが市場を牽引しています。また、市場で報告された主要な開発の数は、ジョンソン・エンド・ジョンソン・サービス社、ロレアル社、TULAライフ社、ユニリーバ社、ヤクルト本社などがリードしています。

地域別では、2020年から2030年は北米がトップの座を維持すると予想され、欧州がこれに続きます。これは、ミレニアル世代の人口増加と相まって、業界をリードする同地域の企業の存在によるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]