宇宙安全保障対策の市場規模、2020年から2025年までCAGR9.33%で成長予測 北米が市場シェアの33.59%を占める見込み

宇宙安全保障対策の市場規模は、2020年から2025年までに、CAGR9.33%で成長すると予測されています。北米は、宇宙安全保障対策への取り組みや投資計画が最大数に達していることから、2020年に33.59%の市場シェアを占めると推定されています。同地域は、市場の主要なリーダーである米国を中心に構成されています。米国は、対空間セキュリティ技術最大のメーカーおよびサービスプロバイダーを擁しています。様々な国が技術を開発し、米国が提供する先進的な宇宙システムやサービスに対抗する取り組みを行っています。

宇宙資産の増加により、宇宙安全保障対策市場は、広く重要性を増しています。一方で、資産を損傷、破壊、および劣化させる攻撃に対して非常に脆弱になっています。宇宙領域だけでなく、軍事および商業部門の脅威においても、市場の需要は拡大しています。

宇宙安全保障対策市場は、製品タイプ、展開モード、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。製品タイプ別では、共軌道システム、非動体物理システム、宇宙ベースの電子戦システム、宇宙状況認識、サイバーセキュリティ等に分類されます。また、アプリケーション別には、軍事用と商業用に分類され、地域別では、北米、欧州、APAC、その他の4つの主要地域に分類されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]