ドローン配送サービス市場、即日配送の需要、遠隔地の医療品供給、非接触型配送の必要性などが成長要因 ドローンの精度に対する懸念が抑制要因

ドローン配送サービスの市場規模は、2023年から2030年まで、CAGR 14.5%で成長すると予測されています。2023年にはアジア太平洋地域が全体の39%のシェアを占め、なかでも、中国、日本、シンガポール、韓国などが主要国となっています。北米では、ラストマイルの高速配達の需要が高まっていることから、2023年には米国が大きな市場シェアを獲得すると予想されています。

ドローン宅配サービス市場は、世界的な即日配送の需要の高まり、遠隔地での医療品供給の必要性、衛生面での非接触型配送の急増などから、重要性を増しています。一方、消費者のドローンの精度に対する懸念が、市場の成長を抑制しています。

ドローン配送サービス市場の主要プレーヤーは、収益生成、地理的存在感、関連する企業プロジェクトに基づいて分類されています。

世界のドローンデリバリーサービス市場の主要企業

世界のドローン配送サービス市場の主要プレーヤーは、セブン-イレブン、エアバスSAS、アリババ、アマゾンプライムエア、ボーイング、チーター・ロジスティクス・テクノロジー、DHLインターナショナルGmBH、ドローンデリバリー・カナダ・コーポレーション、Flirtey、FlyTrex、ウィング・アビエーション・エルエルシー(アルファベット)、マナエアロ、マッターネット社、楽天ドローン、スカイカート社、Uberテクノロジーズ社、ユナイテッド・パーセル・サービス、Zipline、Zomatoなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]