感染症迅速診断検査、ジカ熱、エボラ、COVID-19などにより市場の成長が加速 ターンアラウンドタイムの短い薬の開発に注力

感染症業界は最も急速に進化している市場の1つと考えられます。感染症迅速診断市場は、2020年から2025年までに、12.36%のCAGRで成長すると予測されています。COVID-19のようなパンデミックの発生率の上昇、迅速診断アッセイの開発を促す感染症の存在、大幅なイノベーション、集中型ラボから分散型ラボへのシフト、研究開発演習にかかる多額の外部資金などの要因によって、市場は牽引されています。

呼吸器感染症、中枢神経系感染症、性感染症など、臨床領域における迅速診断アッセイの開発が市場を牽引しています。ジカ熱、エボラ、COVID-19のような最近の感染症の発生により、市場の成長が加速しています。

いくつかの診断薬メーカーは、高感度でターンアラウンドタイムの短い迅速診断薬の開発に力を入れています。これにより、診療現場で感染症診断が可能となり、患者に恩恵をもたらすと考えられます。

市場は、製品タイプ、アプリケーション、技術、疾患エンドユーザー、地域別に分類されます。

競合状況

精密医療の応用が世界レベルで飛躍的に増加していることから、より短いターンアラウンドタイムで正確な結果を提供する迅速診断法の開発に投資する企業が増えています。Abbott Laboratoriesは、多様な製品ポートフォリオと市場浸透率の高さから、この分野のパイオニアです。

F. Hoffman-La Roche Ltd.、GenMark Diagnostics Inc.およびBio-Rad Laboratoriesなどが、COVID-19の診断薬アッセイ、cobas SARS-CoV-2 Test、ePlex SARS-CoV-2 Test、Fast Track Diagnostics (FTD) SARS-CoV-2 Assayをそれぞれ発売し、ABBOTT REALTIME がSARS-CoV-2 ASSAY市場での優位性を競っています。

地域別では、北米が最大の市場シェアを占めています。これは整備された医療インフラ、一人当たりの所得の増加、最先端の研究所や研究機関の存在によります。アジア太平洋地域は最速のCAGRで成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]