米国の固形腫瘍検査市場、政府の取り組みや癌の罹患率の増加などにより拡大 癌プロファイリングにおけるバイオマーカーの使用も成長要因

固形腫瘍という用語は、細胞の異常増殖を指し、一般的には肉腫、がん、リンパ腫からなります。現在の固形腫瘍検査市場は、Quest Diagnostics Incorporated、Laboratory Corporation of America、Foundation Medicineなど、幅広い検査サービスを提供する複数の診断大手が支配しています。これらの検査サービスは、固形腫瘍の確定診断のための分子遺伝学的検査から液体生検まで多岐にわたります。製品部門の主要プレーヤーには、分析用キットを提供するIllumina、Abbott Laboratories、ThermoFisher Scientificが含まれます。

固形腫瘍検査は、一般的に、蛍光in situハイブリダイゼーション(FISH)、免疫組織化学(INC)、双方向サンガーシーケンシング、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、次世代シーケンシング(NGS)などの技術に基づいています。固形腫瘍の診断検査の基本的な有用性は、臨床的に有効な遺伝子変異の同定に基づくものです。診断、予後、治療に関する重要な情報を提供することにより、臨床検査、治療管理、治療法の選択が容易になります。

固形腫瘍検査の既存の市場は、政府の取り組み、がんの罹患率の増加、突然変異を特定するための検査数の増加など、複数の要因に牽引されています。さらに、米国の固形腫瘍検査市場に関連する製品の承認や発売は、市場の成長に有利と考えられます。さらに、がんのプロファイリングにおけるバイオマーカー使用の増加も、市場の主要な推進要因です。

政府による資金調達も成長要因の1つです。資金提供の増加により、研究機関や主要プレーヤーは、腫瘍の診断に役立つ新しいアッセイの開発や市場化を加速させると期待されています。企業は、様々な検査オプションを開発し、固形腫瘍の原因となりうる変異を特定します。

市場は、製品タイプ、技術、アプリケーション、エンドユーザー、がんの種類、バイオマーカーの種類、地域ごとに分類され、業界リーダーや利害関係者にとって有用な価値提案とビジネスモデルが注目されています。また、州レベルの分析、主要企業の市場戦略、将来の機会なども、この分野の領域を詳細に把握し、360度の視野での調査に役立ちます。

競争環境

Laboratory Corporation of America、QIAGEN N.V.、Illumina, Inc.、Abbott Laboratories、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Quest Diagnostic Incorporated、Thermo Fisher Scientificなどの主要プレイヤーが、相乗効果のある開発(パートナーシップとアライアンス)市場で目撃されています。州別では、2020年から2030年を通じてカリフォルニア州がトップの座を維持すると予想され、フロリダ州がこれに続きます。これは、2017年の固形腫瘍の有病率が最も高かったことと相まって、この地域に主要な業界関係者が存在する結果です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]