5G衛星通信の市場規模、2021年から2030年までの期間中28.91%と大幅なCAGRで成長すると予測

【IoT向けサービスの登場により世界の5G衛星通信市場の重要性が高まる】

世界の5G衛星通信市場は、2021年から2030年までの予測期間中、28.91%という大幅なCAGRで成長すると予想されています。IoT向けの5G衛星通信サービスの登場により、世界の5G衛星通信市場の重要性が高まっています。ただし、スペクトル割り当ておよびバックホール接続に関連する問題は市場の成長を抑制する要因となっています。

世界の5G衛星通信市場 2021-2030年

5G衛星通信市場は、軌道、帯域幅、エンドユーザー、衛星ソリューション、および地域に分類されています。

軌道別では、低地球軌道(LEO)セグメントが2021年に世界の5G衛星通信市場を支配すると予想されており、予測期間(2021年-2030年)を通してその優位性を維持する見込みです。帯域幅(スペクトル)別では、市場はLおよびSバンド、CおよびXバンド、KuおよびKaバンドに分割されます。エンドユーザー別では、防衛と政府、輸送と物流、航空、家電、重工業、エネルギーとユーティリティを含むさまざまなエンドユーザーに分類されます。衛星ソリューション別では、市場はバックホールとタワーフィード、トランキングとヘッドエンドフィード、移動中のコミュニケーション、ハイブリッドマルチプレイに分類されます。地域別では、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋(APAC)、その他の国と地域、に区分されています。5G衛星通信市場で最も著名な地域である米国を含む北米は、2021年に35.23%のシェアを占め、世界市場を支配すると予想されています。特に、米国においては、さまざまなセクターで5Gサービスが大規模展開されているため、大きな市場のシェアを獲得する見通しです。

世界の5G衛星通信の主要企業として、Airbus S.A.S、Avanti Communications Group PLC、Eutelsat S.A.、Gomspace A/S、Gilat Satellite Networks、OHB SE、Quortus、Space X、The Boeing Company、Thales Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]