軍用UAS (無人航空機システム)の市場規模、2019年から2024年までの期間中24.96%のCAGRで成長すると予測

【高度な武装技術の必要性の高まりが軍用無人航空機システム市場を牽引】

軍用UAS (無人航空機システム)市場は、2019年から2024年までの予測期間中、24.96%のCAGRで成長する見通しです。無人航空機システムの需要は大幅に増加しています。 次世代UAV技術開発への投資の増大が、軍用無人航空機システム(UAS)の採用を促進しています。軍用無人航空機システムのアプリケーションは、諜報活動、監視および偵察(ISR)、目標捕捉、戦闘活動、捜索救助、および配達と輸送など多岐に渡り、UASの調達に関する各国の国防戦略シナリオに対応しています。

軍用UAS市場予測:2019-2024年

(画像:軍用UAS市場予測:2019年-2024年)

軍用UAS (無人航空機システム)市場は、現在、拡大段階にあります。高度な武装技術の必要性の高まりにより、軍用無人航空機システムの使用が市場を牽引しています。しかし、電子機器系統の故障や通信障害など技術的な問題が発生すると、UAVは墜落します。また、軍用無人航空機システムのほとんどは、政府の資金や補助金の助けを借り、試験的に運用されています。

世界の軍用UAS (無人航空機システム)における市場調査では、種類、用途、範囲、国や地域などを基に、市場を牽引する要因、傾向、技術開発、および競争力のあるベンチマークなどの観点から軍用無人航空機システムを分析しています。調査の対象地域は、オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、インド、ロシア、トルコ、アラブ首長国連邦、英国、米国です。

軍用UAS (無人航空機システム)市場の主要企業として、AeroVironment,Inc.(米国)、China Aerospace Science and Technology Corporation(中国)、Elbit Systems Ltd.(イスラエル)、FLIR Systems,Inc.(米国)、General Atomics Aeronautical Systems(米国)、Israel Aerospace Industries(イスラエル)、Lockheed Martin Corporation(米国)、Northrop Grumman Corporation(米国)、Raytheon Company(米国)、Textron Inc.(米国)、The Boeing Company(米国)、Turkish Aerospace Industries(トルコ)、などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]