スマートナノマテリアル市場、2019年から2029年までの期間中33.32%のCAGRで成長すると予測

政府のサポートが増加しており、資金調達が市場の成長を後押し

世界のスマートナノマテリアル市場は、2019年から2029年までの予測期間中、33.32%のCAGRで市場が成長すると予測しています。2019年、北米は地域別シェアで36.85%と、世界のスマートナノマテリアル市場で優勢でした。アメリカ、メキシコ、カナダなどの主要国を含む北米は、この市場で最も目立つ地域です。米国がナノテクノロジーの分野で多数の外国直接投資(FDI)を受け取ったため、2019年に米国が大きな市場シェアを獲得しました。また、米国はR&Dを促進するために4億2,200万米ドルの国家ナノテクノロジー戦略(NNI)を開始しました。スマートナノマテリアル市場にはさまざまな確立されたローカルプレーヤーが存在するため、非常に細分化されています。スマートナノマテリアル市場は広く重要性を増しています。政府のサポート、資金調達が市場の成長をさらに後押ししています。ただし、熟練した専門家の不足と高価な合成技術は、市場の成長を抑制している要因です。

BIS Research発行の市場調査レポート「スマートナノマテリアルの世界市場 – 分析と予測:2019年~2029年」では、タイプ別、最終用途産業別、地域別などのセグメンテーションの詳細な市場情報を提供します。金属ベースのセグメントは、2018年に世界市場を支配し、予測期間(2019-2029年)を通じてその優位性を維持すると予想されます。当レポートは、この市場の主要な推進力と抑制力を分析しながら、調査対象となる業界の詳細な調査も提供します。医薬品、電子機器、輸送、建設、環境、消費財などを含むさまざまな最終用途産業を分析します。素材別では、市場は金属ベース、炭素ベース、ポリマーなどに分類されています。北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中国、英国、およびその他地域の6つの主要地域別に記述がなされ、さらに国別のデータが提供されています。

この市場分析の目的は、市場を牽引する要因、トレンド、技術開発、および競争力ベンチマークなどから、世界のスマートナノマテリアル市場の見通しを提供することです。当レポートではさらに、市場のダイナミクスと競争環境、市場で活動している主要企業の詳細な財務状況と製品についても考慮しています。

スマートナノマテリアルの世界市場の主要企業として、Abbott、ANP Co.,LTD、Akzo Nobel N.V.、Bayer AG、BASF SE、Clariant、Donaldson Company,Inc.、JM Material Technology,Inc.、Nanologica、Nanogate、NanoBeauty、OPTINANOPRO、The Nano Gard L.L.C.、Yosemite Technologies Co.,Ltd.、などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]