SLAM技術の市場規模、2020年から2030年までの期間中49.41%のCAGRで成長と予測

【拡張現実(AR)アプリケーション向けのSLAM技術の使用増、自動化やAI(人工知能)などの新しいデジタルテクノロジーの台頭、国内向けサービスロボットの需要の高まりが市場を牽引】

SLAM(Simultaneously Localization and Mapping)技術の世界市場は、2020年から2030年までの予測期間、49.41%という大幅なCAGRで成長すると予測されています。地域別で見ると2019年の欧州のシェアは37%と世界のSLAM市場にて優勢であり、アメリカやカナダなどの主要国を含む北米地域は、同市場におけるもう1つの重要な地域です。現在、SLAM技術市場は拡張現実(AR)アプリケーション向けのSLAMテクノロジーの使用の増加、自動化や人工知能などの新しいデジタルテクノロジーの台頭、国内向けサービスロボットの需要の高まりにより高い成長率を見せています。ただし、SLAMの実装における技術的な複雑さは、市場にとって大きな課題です。BVLOS運用の自律ドローンの需要増加と自動運転車両の出現により、世界のSLAM技術市場に実行可能な機会が生み出されることが期待されています。

BIS Research発行の市場調査レポート「SLAM (Simultaneously Localization and Mapping) 技術の世界市場 – 分析と予測:2020年~2030年」では、タイプ別、プラットフォーム別、マッピング別、エンドユーザー別、地域別、各セグメンテーションの詳細な市場情報が提供されます。当レポートは、市場を牽引する要因、市場動向、技術開発、競争力ベンチマークなどの観点から、SLAM技術市場の見通しを調査することを目的としています。また、当レポートでは、市場のダイナミクスと競争環境、さらには市場で活動する主要企業の詳細な財務および製品への貢献も提供されます。

ロボット、UAV、自律走行車、SLAMテクノロジーが使用されている拡張現実など、さまざまなプラットフォームの詳細な調査も行います。北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびその他の国の4つの主要な地域別の分析を行っており、国ごとのこれらの各地域のデータも提供されます。

市場に大きく貢献している主要企業として、Amazon Robotics、Clearpath Robotics、 Fetch Robotics、Hi-Tech Robotic Systemz、Locus Robotics、Mobile Industrial Robots、NavVis Precision、Omron Adept、SMP Robotics、Vecna、SLAMCore、Wikitude、 Dibotics、Gestalt Gmbh、VisionRoboticsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]