手術室(OR)通信の市場規模、2019年から2025年までの期間中7.71%のCAGRで成長すると予測

【革新的なデバイスとモバイルベースのアプリケーションの開発が市場を牽引】

手術室(OR)通信市場は、2019年から2025年の予測期間中に7.71%という高いCAGRで成長すると予測されています。 世界の手術室(OR)通信は、2018年に25億7,450万米ドルの収益を生み出しました。慢性疾患の治療負担の増加、外科手術数の増加、老年人口の増加、低侵襲手術への高い需要、利用可能な外科手術オプションについての意識の高まりなどが主要な成長要因となっています。新製品の発売、通信を強化するためのモバイルベースのアプリケーションの導入、合併や買収などにより市場は大幅に成長すると予想されます。通信および統合ソリューションが高価であること、および関連する技術が多岐にわtることなど、市場の成長を抑制する重要な課題も存在します。

手術室(OR)通信の世界市場 2018-2025年

(画像:手術室(OR)通信の市場予測 2019-2025年)

手術室(OR)通信の世界市場は、タイプ別でハードウェアとソフトウェアに分類され、さらに手術室種類別にハイブリッドOR、統合OR、デジタルOR、それぞれを分析しています。エンドユーザーは、病院と外来手術センターに区分されています。

規制改革や技術の進歩など、市場に影響を与えるさまざまな要因について、多様な視点から分析を行い、世界市場の全体像を提供します。当レポートには、手術室内の通信に使用されるデバイスの詳細な調査が含まれています。さらに、さまざまなエンドユーザーへの影響、新製品の発売に関する認識、競争環境、基盤となる各サブセグメントの成長の可能性、および参入企業に関する包括的な情報がカバーされています。

市場に大きく貢献している主要企業として、Stryker Corporation、General Electric Company、Hill-Rom Services Inc.、Cerner Corporation、Ascom、Arthrex Inc.、KARL STORZ SE & Co. KG、Steris plc、Getinge AB、Vocera Communications,Inc.、オリンパス、Diversified、Barco NV、Brainlab AG、Dragerwerk AG & Co.KgaA、Eizo Corporation、Richard Wolf GmbH、Jeron Electronic Systems Inc.、Systems Technologies、Bec Integrated Solutions LLC、Cornell Communications、Skytron, LLC、Fujian Huanyutong Technology Co.Ltd.、OPTIMUS ISE AG、Doricon、IntegriTech, LLCなどが取り上げられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]