核酸分離・精製の世界市場、2020年から2029年までの期間中5.98%のCAGRで成長すると予測

【遺伝子検査数の増加、次世代シーケンシング(NGS)結果の需要増、感染症有病率の上昇と増加などが市場の成長要因】

核酸分離・精製の世界市場は、予測期間2020年から2029年にかけて5.98%のCAGRで市場が成長すると予測されており、2020年に22億7,390万米ドルの収益価値を生み出すでしょう。核酸の単離および精製市場の成長は、遺伝子検査の数の増加、信頼性が高い次世代シーケンシング(NGS)に対する需要の増加、感染症の有病率上昇などを主な要因としています。また、分子生物学の分野での研究助成金、世界レベルでの個別化医療の認識と受容の増加も市場の成長へ影響します。ただし、ゲノムデータの保護、自動化された機器にかかる高いコスト、厳格な規制は市場の成長を抑制する見通しです。

核酸分離・精製の世界市場 2020-2029年

 

世界の核酸分離・精製市場は、製品タイプに基づくと機器と消耗品(キットと試薬)に分割されています。またキットセグメントは、磁性粒子技術、シリカ技術、およびその他の技術に分類されています。その他の技術はさらに、陰イオン交換技、溶解、沈殿ベースの化学品、有機抽出、蛍光検出、およびその他のキット技術に分けられています。

機器は自動スピンカラムベースとビーズベースに分類されます。ビーズベースの技術は、磁気ビーズベースの自動液体処理にさらに二分されています。

アプリケーションは、PCR、qPCR、NGS、クローニング、マイクロアレイ、ブロッティング技術、およびその他のアプリケーションに分けて分析されています。

エンドユーザー別では、学術研究機関、製薬およびバイオテクノロジー企業、応用試験、バイオバンク、受託研究機関、病院研究所、および臨床診断センターに分割されています。

地域別では、北米、•欧州、中東・アフリカ、アジア太平洋地域、およびラテンアメリカに分割されます。

核酸分離・精製の世界市場に大きく貢献している主要企業は、Agilent Technologies, Inc.、Bio-Rad Laboratories, Inc.、F.Hoffmann-La Roche AG、Illumina, Inc.、General Electric Company (GE)、New England Biolabs, Inc.、Promega Corporation、Merck KgaA、Takara Bio Inc.、QIAGEN N.N.、Thermo Fisher Scientific Inc.、Promega Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]