Power-to-Gas市場、2020年から2024年までの予測期間中に力強い成長の見込み

持続可能でエネルギー効率の高いシステムに対する需要の高まりが市場を牽引

世界のPower-to-Gas市場は、2020年から2024年までの予測期間中に力強い成長が見込まれています。環境問題への懸念から様々な産業に変革がもたらされ、再生可能エネルギーの使用を可能にする複数の技術革新につながりました。Power-to-Gas発電プラントは、二酸化炭素の排出問題に対処し、とりわけ、輸送および鉄鋼産業などのさまざまなエンドユーザー産業の動作原理にイノベーションを起こす機会を提示することができます。

世界のパワーツーガス市場は、現在その拡大段階にあります。Power-to-Gasの概念は、ユーティリティ規模のエネルギー貯蔵ソリューションを展開する必要性が高まっているため、勢いを増しています。しかし、理論的には大規模に研究が行われているにもかかわらず、実用化は進んでおらず、本格的な実用化の段階には至っていません。ガスを動力とする発電所のほとんどは、政府の資金と補助金の助けを借りて試験的に運営されています。 現在、Power-to-Gas用設備の設立は費用がかかりますが、経験曲線効果により、高い資本コストは減少すると予想されます。

専門家の見解を引用すると、パワーツーガスは再生可能エネルギーへの投資から最大のリターンを達成する上で重要な役割を果たします。しかし、調達した電気エネルギーを既存の天然ガスグリッドで販売するためにグリーンガス(水素やメタンなど)に変換することは経済的ではなく、あまり利益を生み出していない現状があります。

パワーツーガスの世界市場における主要プレーヤーとして、Aquahydrex, Inc.、Electrochaea GmbH、EXYTRON GmbH、日立造船株式会社、Hydrogenics Corporation、ITM Power PLC、MAN Energy Solutions、McPhy Energy S.A.、MicroPyros GmbH、Nel ASA、Power-to-Gas Hungary Kft.、Siemens AG、Southern California Gas Company、thyssenkrupp AG、Uniper SE.、などの企業が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]