バイオレメディエーション市場、2019年から2028年までの予測期間中に7.72%のCAGRで成長する見込み

環境や安全性に対する懸念の高まりとバイオレメディエーション技術の利用増加が市場を促進

世界のバイオレメディエーション市場は、2019年から2028年までの予測期間中に7.72%と著しいCAGRで成長すると予測されています。環境や安全性に対する懸念の高まりとバイオレメディエーション技術の使用の増加は、市場の成長を促進する要因の一部です。

このレポートでは、バイオレメディエーションの世界市場を、プロセス、媒体(対象の物質)、構成要素、アプリケーション、地域に分けて分析しています。

製品別では、サービスが2018年の市場シェアの63.82%を占めています。一方、機器は2018年の総市場シェアの23.36%を占めており、今後数年間で成長すると予想されています。土壌、油田、地下水から汚染物質を除去するための修復サービスに対する高い需要が、このセグメントの市場の成長を説明しています。

プロセス別では、in situバイオオーグメンテーションが2018年に23.09%で最大の市場シェアを保持し、バイオスティミュレーションの区分は16.91%と2番目に大きい市場シェアを保持しました。

媒体では、土壌浄化が2018年に市場を支配し、46.64%と最大の市場シェアを維持しました。土壌中の汚染物質の数が増加しているため、バイオレメディエーションのさまざまな技術が土壌中の汚染物質を処理するために広く使用されています。

アプリケーション別では、2018年に産業セグメントが市場を支配し、27.09%で最大の市場シェアを占め、農業および養殖セグメントが21.18%で2番目に大きな市場シェアを占めました。産業セグメントの成長は、各産業で多様な汚染物質が見られることが原因であると考えられます。産業廃棄物は水質汚染の大きな原因であり、環境に有害な汚染物質を生成します。土壌のカドミウム濃縮などの産業公害は、危険で発がん性のある汚染物質を含む廃棄物の排出量の増加によるものです。

このレポートでは、市場のエコシステムの46社のプレーヤーに対する詳細な調査、15社以上の主要企業、市場参加者、ベンダーの主要なオピニオンリーダーとの詳細なインタビューからの洞察を利用して分析を行っています。世界のバイオレメディエーション市場における15の主要プレーヤーは、Novozymes、Thermo Fisher Scientific Inc.、Drylet, LLc、Microgen Biotech Limited、Probiosphere、QM Environmental Services Nederland、Shandong Sukahan Bio-Technology Co.、Ltd.などのプライマリおよびセカンダリデータ分析ツールを提供する企業と、Novozymes、Thermo Fisher Scientific Inc.、Drylet、LLC.、Amalgam Biotech、Organica Biotech Pvtなど、汚染物質の修復のための様々な製品やプロセスを提供する企業です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]