バーチャル診断の市場規模、2019年から2030年までの期間中15.52%のCAGRで成長すると予測

早期の疾患診断への期待や手頃な価格の診断への需要増が市場を牽引、診断精度の低下やプライバシーへの懸念など課題も

2018年、世界のバーチャル診断の市場規模は4億2,560万米ドルでした。BIS Research による業界分析では、予測期間である2019年から2030年の間に、CAGRが 15.52%と高い成長率になると予測しています。

世界のバーチャル診断市場における市場の成長は、主に早期の疾患診断に対する意識の高まりや、手頃な価格の診断に対する需要の増加などの要因によるものです。 ただし、市場の成長を抑制する重要な課題があります。これらの課題には、バーチャル診断の精度の低さ、世界中の人々の間でのプライバシーの懸念の増大が含まれます。

このレポートでは、バーチャル診断市場を診断の種類に基づき、消化器、循環器、病理学、眼科などの領域へと分割し、さらにエンドユーザーによって病院、専門クリニック、外来センターなどへと分割し、分析を行っています。地域別の市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカに分割されており、これらの地域内のさまざまな国に関する市場の可能性も提供されています。

BIS Researchによる世界のバーチャル診断市場に関する調査レポートは、規制改革や技術の進歩など、市場に影響を与える要因を分析し、さまざまな観点から市場の全体像を提供します。本レポートの目的は、仮想診断と関連する製品、メーカーの詳細な分析を提供することにあります。さらに、この調査には、満たされていないニーズ、新製品に対する認識、競争環境、主要メーカーの市場シェア、各基盤となるセグメントの成長の可能性、企業に関する包括的な情報、および世界のバーチャル診断市場に関するその他の重要な情報も含まれています。

世界のバーチャル診断市場に大きく貢献している主要メーカーは、Uber Diagnostics、CapsoVision Inc.、Cardiologs Technologies、Healthy.io Ltd、IDx Technologies Inc.、Monitored Therapeutics, Inc.、 Olympus Corporation、Phelcom Technologies、Sight Diagnostics、Medtronic Plc、hearX IP (Pty) Ltd、AliveCor,Inc.、ResApp Health Limited、 SkinVisionなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]