AIが可能にしたドラッグデリバリーと治験市場、2019年から2030年まで大幅に成長すると予測

医薬品開発費の増加と相乗効果のある活動により市場は劇的に進化

世界のAIが可能にしたドラッグデリバリーと治験市場は、2019年から2030年までの予測期間中のCAGRは24.88%と、大幅に成長すると予測されています。セグメントでは、エンドユーザー、学術機関、研究センターが成長するでしょう。

AI対応ソリューションの採用はそれほど進んでいませんが、その可能性は計り知れません。 医療施設でのAI対応の統合ソリューション導入は、医学研究を強化するだけでなく、研究組織のコスト抑制にも役立ちます。さまざまな利害関係者、つまり生物医薬品会社、委託研究機関(CRO)、学術機関、研究センターがAI対応ソリューションを既存システムに統合することで、創薬および開発プロセス全体の効率化につながります。これらの利点にもかかわらずAIが可能にしたドラッグデリバリーと治験用ソフトウェアの導入が限定的な原因は主に規制の欠如と倫理的問題と言えるでしょう。市場の主要ベンダーにとっての主要な機会のいくつかは、インド、中国、ブラジルなどの新興経済国への投資機会と、さまざまな言語でのシステムの導入です。

専門家によると、バイオ医薬品企業は、収益の点で、AIが可能にしたドラッグデリバリーと治験市場の主要なエンドユーザーとなりそうです。バイオ医薬品企業の市場規模は、最大2億6,280万米ドルまで増加すると予想されています。ただし、施設のワークフローを合理化し、ケアの質を向上させるために、委託研究機関や学術研究センターではソリューションの使用が増えると予想されるとの見解です。

AIが可能にしたドラッグデリバリーと治験市場における主要企業の一部として、Accutar Biotechnology Inc.、AiCure,LLC、Ardigen、Atomwise,Inc.、Benevolent AI、Berg,LLC、Berkeley Lights,Inc.、BioAge Labs,Inc.、Biovista,Inc.、C4X Discovery Holdings Plc、Clinithink Ltd、Cloud Pharmaceuticals,Inc.、Cyclica Inc.、CytoReason、Concerto HealthAI.などの企業が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]