陸上防衛システム市場規模、2019年から2024年までの予測期間中6.27%のCAGRで成長する見込み

軍事近代化と武器のアップグレードプログラムが陸上防衛システムの需要を可能に

陸上防衛システムに関連する防衛調達の増加により、世界の陸上防衛システム市場は、2017年以降、回復局面にあり、2019年から2024年までの予測期間中6.27%のCAGRで成長すると予想されます。軍事近代化と武器のアップグレードプログラムが陸上防衛システムの需要を拡大させています。 また、自動運転車とインダストリー4.0革命の進展により、地上防衛システム業界の生産能力と効率が向上するでしょう。一方、無人の陸上防衛車両が継続的に進化し、陸上防衛システムの需要を押し上げると見られています。 Future Combat SystemsやNext Generation Combat Vehicleなどの米国の防衛プログラムは、陸上防衛システムの市場を成長させる主要な推進力の1つです。

BIS Researchは市場を牽引する要因、傾向、技術開発、および競争力のあるベンチマークなどの観点から調査を行い、世界の陸上防衛システム市場の運用タイプ、車両、システム、アプリケーション、地域など細分化された詳細な市場情報を提供します。市場のダイナミクスと競争環境、さらには市場で活動している主要企業の詳細な財務および製品群を分析しています。 陸上防衛システム市場の主要な推進力と抑制力を強調しながら、分析されている業界の詳細な調査も提供します。

陸上防衛システム市場の主要なプレーヤーには、BAE Systems (英国)、CNH Industrial (英国)、Denel Land System (南アフリカ)、Elbit System Ltd. (イスラエル)、General Dynamics Corporation (米国)、Hanwha Defense (韓国)、Harris Corporation (米国)、Israel Aerospace Industries (イスラエル)、Lockheed Martin Corporation (米国)、Northrop Grumman Corporation (米国)、QinetiQ (英国)、Oshkosh Corporation (米国)、Rheinmetall Group AG (ドイツ)、Thales Group (フランス) などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]