低侵襲外科手術システム市場、2020年から2030年までの期間中6.51%のCAGRで成長すると予測

【従来型低侵襲手術システム、業界が注目している手術用ロボットが市場を牽引】

低侵襲外科手術システムの世界市場は、予測期間2020年から2030年の間に6.51%というCAGRで拡大すると予測されています。より良い外科的結果への要望、患者と外科医の両方からのニーズが増加していることで低侵襲手術市場は成長を続けています。

世界の低侵襲外科手術システムの市場予測 2020-2030年

世界の低侵襲外科手術システム市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されています。低侵襲外科手術システムと関連製品の詳細を集中的に調査することにより、市場機会、特許、競争状況、主要メーカーの市場シェア、各製品の成長の可能性、エンドユーザー、アプリケーション、地域別市場に関する包括的な情報を提供しています。

業界分析には、業界構造およびサプライチェーン全体の分析が含まれており、さらに特許分析、規制の展望、待望の技術開発などで構成されています。特許分析の章では、出願の傾向をカバーし、市場における特許満了の影響を分析します。また、最新の規制情報だけでなく、今後10年間に市場がどのように展開する可能性があるかについて記述しています。市場勢力図の項目では、世界の低侵襲外科手術システム市場におけるシェア、主な戦略と開発、世界市場のシナリオについて分析します。

このレポートは低侵襲外科手術システム市場の全体像を把握することを目的とし、世界市場における規制や技術の進歩など、市場に影響を与えるさまざまな要因、あるいは従来型およびロボット型の低侵襲手術システムの両方の製品タイプの徹底的な分析、ビデオおよび視覚化システム、内視鏡と内視鏡検査システムなどの低侵襲手術におけるさまざまな種類の製品タイプに加え、多様なアプリケーション、エンドユーザー、地域別の分析を行っています。

低侵襲外科手術システムの世界市場に大きく貢献している主要企業のうち、従来型低侵襲手術システムでは、オリンパス、Boston Scientific Corporation、Stryker Corporation、Medtronic Plc、J&J、Hoya Corporation、B.Braun Melsungen AG、FUJIFILM Medical Systems U.S.A.,Inc.、Smith & Nephew plc、Fortimedix Surgical B.V.、Cook Medical LLC、手術用ロボットでは、Intuitive Surgical,Inc.、Stryker Corporation、Corindus, Inc.、Smith & Nephew Plc、Zimmer Biomet、Medtronic Plc、Medrobotics Corporation、Renishaw Plなどが取り上げられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]