単一細胞シーケンシング市場、2029年までCAGR 15.24%で成長予測

世界の単一細胞シーケンシング市場は、大きな変化を遂げています。さらに、コンパニオン診断、バイオマーカー、次世代シーケンシングなどのヘルスケアアプリケーションの進歩により、精密医薬や精密検査の需要が大幅に増加しています。


高度なサンプル前処理、シーケンスコストの削減、および機器出力の増加は、特に単一細胞ゲノミクスおよびトランスクリプトミクスの分野で、単一細胞分析におけるNGSの使用を支持する要素として機能しています。 NGSテクノロジーは、単一細胞RNAシーケンス、TCR単一細胞シーケンス、および個々の細胞の単一細胞DNAシーケンスライブラリーの大規模なセットを開発するために使用され、細胞動態の深層な洞察を可能にしました。


単一細胞の全ゲノムシーケンス(WGS)により、細胞の特徴付けと識別が可能になり、正常細胞から病変細胞までの細胞に関する明確な洞察を得ることが可能です。単一細胞ゲノミクスの分野における技術的進歩がこの市場の成長を促進しています。


市場の成長を妨げている主な要因は、とりわけ、不確実な償還と規制政策、高い資本要件、バイオインフォマティクスソリューションの利用不可能性、および標的治療薬と単一細胞ゲノム配列決定手順の高コストです。さらに、慢性疾患の有病率が増加している高齢者人口の増加は、単一細胞シーケンシングアプローチに対する需要の増加に寄与する主要な要因です。

世界の単一セルシーケンス市場は2018年に12億3400万米ドルを占め、2029年までに59億8560万米ドルになると予想されます。2019年から2029年までの予測期間中、市場はCAGR 15.24%で成長すると予想されます。市場の成長はとりわけ、初期段階の治療の採用、慢性疾患の有病率の増加、単一細胞技術の進歩、ならびに製薬大手や市場に参入する新規参入者の関心の増加などに起因します。10xゲノミクスシーケンス、10xゲノミクスシングルセルRNA-SEQ、遺伝子シーケンス、コンパニオン診断、シングルセルシーケンス、バイオインフォマティクス、ビッグデータ分析など、さまざまな分野にわたる進歩が、予測期間中の市場の成長を後押しすると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]