軍用地上車両推進システム市場、2019年は北米が32.60%のシェア

BIS リサーチによると、軍用地上車両推進システム市場は、2020年から2030年までの予測期間中、5.89%の大きなCAGRで成長すると予測しています。北米は、世界の軍用地上車両推進システムを支配し、2019年のシェアは32.60%でした。


北米では、米国軍による高度な軍用車両の大規模な需要により、米国は2019年に大きな市場シェアを獲得しました。米国政府は、分隊多目的装備輸送(SMET)プログラムを通じて、軍隊のための弾薬、水、その他の激しい戦闘に必要な物資を運ぶための遠隔制御ロボット車両を調達しています。


このようなプログラムにより、メーカーは、陸軍旅団戦闘チーム(BCT)向けに、ハイブリッドや電気推進システムを備えたロボットおよび自律システムをより速いペースで開発できるようになり、軍用地上車両推進システム市場における大きな市場シェアの活用が可能となります。


世界の軍用地上車両推進システムは、紛争、政治的不安定性、テロ活動の増加、さらに国境の不安定化と相まって、国々に軍用地上車両の能力を強化することにより、広範な重要性を獲得しています。しかし、電気自動車、ハイブリッド電気自動車、またはプラグインハイブリッド電気自動車が必要とする範囲の制限と長い充電時間は、市場の成長を抑制する要因と考えられます。


当レポートは、技術、車両タイプ、アプリケーション、および地域に基づいた詳細な市場情報を提供します。この市場分析の目的は、市場を牽引する要因、傾向、技術開発、および競合ベンチマーキングなどの観点から、軍用地上車両推進システムの見通しを調べることです。レポートはさらに、 市場力学と競合情勢 、さらには市場で活動している主要企業の詳細な財務および製品への貢献を考慮しています。

軍用地上車両推進システム軍用地上車両推進システム市場の主要プレーヤーには、General Dynamics、QinetiQ Group、Israel Aerospace Industries (IAI)、BAE Systems、Lockheed Martin、Northrop Grumman Corporation、Oshkosh Corporation、Harris Corporation、Rheinmetall AG、Epsilor-Electric Fuel Ltd、Leonardo S.p.A, Cummins Inc、Caterpillar Inc、General Motors Company、MTU Friedrichshafen GmbHなどが挙げられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]