RNAシーケンシング市場、2028年までCAGR14.21%で推移、個別化医療の採用増加などが成長を後押し

BIS ResearchによるRNAシーケンシング業界の分析では、2019-2028年の予測期間中に14.21%という大きなCAGRで市場が成長すると予測しています。RNAシーケンシング市場は、2019年に10億6,460万米ドルの収益を生み出しました。RNAシーケンシング市場の成長は、主に個別化医療の採用の増加、患者の層別化および治療反応調査で高まる有用性、 調査や開発の実施のための重要な外部資金など、この市場の主要な推進要因に起因しています。ただし、米国にて実施が期待されている患者保護並びに医療費負担適正化法、既存の訴訟、承認の欠如、とりわけ償還および規制方針の不確実性は、同市場の成長を抑制因子となるでしょう。


RNAシーケンシング市場の調査は、規制改革や技術の進歩など、市場に影響を与えるさまざまな要因の観点から、市場の全体像を提供します。当レポートが網羅する範囲は、製品とメーカーの詳細な調査の実施に焦点を当てています。さらに、当レポートには、課題、機会、新製品の認識、 競合情勢、主要メーカーの市場シェア、基盤となる各サブセグメントの成長の可能性、および会社に関する包括的な情報のみならず、世界の RNAシーケンシング市場に関するその他の重要な情報も含まれます。

RNAシーケンシング市場は次のように分類されています。

  • メーカー別: 製品、技術、ワークフロー、エンドユーザー、アプリケーション、およびその他の地域
  • 製品別: 機器、試薬、キット、およびソフトウェア
  • 技術別: 単一分子ベースのシーケンス、合成技術によるシーケンス、ナノポアシーケンステクノロジー、およびイオントレント半導体シーケンス
  • ワークフロー別: サンプルの濃縮、核酸の単離と抽出、ライブラリーの準備、シーケンス、およびデータ分析と管理
  • エンドユーザー別: バイオ医薬品、ライフサイエンスおよびバイオテクノロジー企業、診断センター、 調査および学界
  • アプリケーション別: 創薬、トランスレーショナルメディシン、診断

RNAシーケンシング市場に大きく貢献している主要メーカーは、Agilent Technologies Inc.、Bio-Rad Laboratories Inc.、BGI、F. Hoffmann La-Roche AG、Fluidigm Corporation、Illumina Inc.、Lexogen GmbH、Oxford Nanopore Technologies、Pacific Biosciences、QIAGEN NV、Thermo Fisher Scientific Inc.、Becton、Dickinson and Company、Dolomite Bio、タカラバイオ、およびMerck KGaAなどです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]