動物遺伝学の市場規模、2024年までに88億9,000万米ドルに到達見込み

世界の動物遺伝学市場は、2019年から2024年までCAGR6.24%で成長し、2024年までに市場規模は88億9,000万米ドルに到達すると見込まれています。動物由来タンパク質消費の増加、人口の増加、急速な都市化、および遺伝子テクノロジー採用の増加と相まって、動物の遺伝病を克服するための遺伝サービスの広範な採用は、動物遺伝学市場の成長を促進する要因の一部です。

当市場調査レポートは、ソリューションタイプ、製品タイプ、その価値、およびその推定値に関する詳細な見通しを提供します。この市場分析の目的は、とりわけ、市場を牽引する要因、傾向、動向、投資の情勢などについて、動物遺伝学業界の見通しを調査することです。

レポートではさらに、 市場力学と競合情勢、および市場で活動している主要企業の詳細な財務および製品の貢献についても考慮しています。動物遺伝学研究は、製品の種類、ソリューションの種類、地域ごとの市場の内訳など、さまざまなセグメントをまとめたものです。

動物遺伝学市場は、ソリューションタイプ別に、製品とサービスに分割されています。製品セグメントは2018年に世界の動物遺伝学市場を支配し、予測期間(2019-2024)を通じてその優位性を維持すると予想されます。製品タイプ別では、生体動物と遺伝子素材に分割されています。遺伝子素材セグメントは2018年に世界の動物遺伝学市場を支配し、予測期間を通じてその優位性を維持すると予想されます。

地域別では、4つの主要なセクション、すなわち北米、欧州、アジア太平洋およびその他の地域に分けられます。これら各地域のデータは、ソリューションと国ごとのセグメンテーションに基づいて提供されます。

同市場の主要プレーヤーは、Hendrix Genetics BV、Cobb-Vantress、Semex、H&N International GmbH、Hubbard、Viking Genetics、Aviagen Group、Mars Petcareなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]