次世代バイオマニュファクチャリング市場、2029年までに427億8,000万米ドル規模に到達見込み

次世代バイオマニュファクチャリング市場は、2029年までに427億8,000万米ドル規模に達すると予測されています。

バイオ医薬品セクターの急速な成熟は、バイオベースの製品の開発と製造のための最も基本的な手順として、バイオ製造の重要性が増していることを示しています。バイオ医薬品の商品化が進み、開発パイプラインに製品が追加されるにつれ、バイオ医薬品企業は、プロセス設計、パフォーマンス、効率の革新とスピードとコストのバランスをとることに重点を置いた新しいバイオ製造戦略の採用を期待しています。増加する患者数の需要を満たすための高度なバイオ製造の実践の必要性は、次世代のバイオ製造製品の開発への道を開きました。次世代バイオマニュファクチャリング製品は、第1世代製品と比較して品質と効率の両面で優れたシームレスなサービスを提供するように設計されています。

バイオ医薬品製造製品の急速な技術進歩を促進する製造施設開発のための民間投資家および政府からの資金調達は、次世代バイオ医薬品製造市場の成長を牽引する最も顕著な要因です。同市場の主要なトレンドの1つは、使い捨てバイオリアクターや使い捨てバイオコンテナーなど、使い捨て製品の採用に焦点がシフトしていることです。これは主に、コスト削減、製品汚染のリスクの低減、および複数製品設備における柔軟性の向上に関して、使い捨て製品に関連する多数の利点に起因します。製品の革新を通じて次世代のバイオ製造市場に参入する企業が増えるにつれ、いくつかの新しい次世代バイオ製造製品が登場し、今後数年間で市場の成長を積極的に推進することが期待されています。

当レポートは、製品種類別の徹底的な分析を含む、詳細な調査で構成され、市場力学の詳細な分析と、予測期間2019~2029における市場規模の推定も示します。このレポートは、国ごとの分析だけでなく、さまざまな製品、ワークフロー、アプリケーション領域、世界の次世代バイオ医薬品製造に関連するエンドユーザーにも焦点を当てています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]