ロボット支援手術の一般化、ロボット手術の消耗品の消費の増加を促進

AI革命はすでに始まっており、すべての業界に浸透し始めています。 AIが可能になった医学の進歩は、ロボット支援手術がより一般的になるにつれて、ロボット手術の消耗品の消費の増加を促進すると予想されます。


本格的なAI統合はまだ行われていないため、より多くのプレーヤーが市場に参入することが期待されています。 AIが有効なロボット手術は、ロボット手術の消耗品の精度と器用さに大きなプラスの影響を与え、結果を改善することが期待されます。手術ロボティクスのAIの分野におけるR&D活動の主要な重点分野には、手順の自律性、計画と手順のガイダンス、コンピュータービジョンが含まれます。外科データ科学と高度な視覚化技術が今後10年で優位を占めると予想されます。したがって、AIの統合は、手術用ロボット工学に革命的な変革をもたらすことが期待されています。


2016年1月から2019年4月まで、さまざまな国でかなりの数の特許が出願されました。 Intuitive Surgical、Inc.やStryker Corporationなどのロボット手術用消耗品のいくつかのメーカーは、手術用ロボットおよびロボット手術用消耗品の分野で特許を取得しています。 2016年1月から2019年4月までに出願された特許の総数は599件でした。BIS分析によれば、出願された特許のうち78件(13%)しか特許登録されていません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]