次世代の自動車用メモリソリューション、まだ研究開発段階


自動車エレクトロニクスと統合されたメモリモジュールは、車両にとって重要な役割を果たします。 これらのメモリは、車両のスムーズな操作に必要なすべてのデータを保存するために使用されます。 時間の経過とともに、よりインタラクティブで、安全で、スマートな車両の開発により、記憶は主に強化されてきました。 メモリはサイズが小さくなり、より効率的になるだけでなく、熱に対する耐性が高く、処理速度が速くなります。 次の図は、自動車メモリの経時的な進化を示しています。


DRAMは、車両で使用される最も原始的でありながら重要なメモリの1つであり、動作するために一定の電源が必要なため、揮発性メモリと呼ばれます。これらのRAMのレイテンシは15ナノ秒から30ナノ秒で、帯域幅はダイあたり毎秒100ギガビットです。さらに、自動車アプリケーションで使用されるDRAMは、ダイごとに4Gビットと8Gビットの共通密度を持っています。 DRAMは、ADAS、インフォテインメント、およびセーフティクリティカルなドライバー情報でアプリケーションを見つけます。

次世代の自動車用メモリソリューションには、強誘電体メモリ(FeRAM)、ナノチューブRAM(NRAM)、相変化メモリ(PCM)、磁気RAM(MRAM)、スピン軌道トルクMRAM(SOT-MRAM)が含まれます。メモリの開発はまだ研究開発段階にあり、自動車業界で使用されている現在のメモリソリューションを置き換えることを目的としています。たとえば、SOT-MRAMとFeRAMは、自動車で使用されている現在のメモリに比べてはるかに優れていますが、高価です。たとえば、スピントランスファートルクMRAM(STT-MRAM)は、フラッシュメモリの非揮発性機能に加えて、SRAMと同様の速度を備えているため、組み込みNORフラッシュの実行可能な代替として機能します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]