世界の次世代冷媒市場、2029年までに336億4,000万ドルになると予想

現在、冷媒製造会社は環境に優しい製品に対する需要の急増を経験しています。厳しい規制基準とエンドユーザーの関心の高まりに後押しされ、ますます多くの企業が環境への影響が少ない製品に移行しています。 R407A、R410A、R134a、およびR544などの既存の従来の冷媒は、特に高い地球温暖化係数を持っています。

環境に優しい化学物質に対する選好の高まりにより、次世代の冷媒の需要が高まっています。国際機関や政府機関も、冷媒業界の形成に重要な役割を果たしています。政府の政策や規制の施行は、次世代の冷媒を世界中で採用するための主要な推進要因として機能しています。しかし、次世代冷媒の可燃性と毒性は、アプリケーション分野での継続的な使用に大きな脅威をもたらすため、製品の安全な取り扱いが必要です。欧州連合(EU)が規制を発表して以来、次世代冷媒の著しい成長が勢いを増しており、2017年以降に導入されたすべての自動車モデルは150未満のGWPの冷媒を使用する必要があります。

世界的な人口増加は、近代化によりエネルギー消費レベルが上昇したため、経済成長と可処分所得も押し上げました。したがって、政府といくつかの機関は現在、持続可能性に懸念を抱いており、したがって、この問題に対処する解決策に重点を置いています。次世代冷媒は、さまざまな国の経済拡大の現在のシナリオにおける研究の主要なトピックです。

市場規模価格の面で世界の次世代冷媒市場は2018年に235億5,000万ドルでした。2019年から2029年の予測期間中にCAGR 3.22%で2029年までに336億4,000万ドルになると予想されます。 量に関しては、世界の次世代冷媒市場は2018年に854.2キロトンと推定され、2019年から2029年の予測期間中に4.29%のCAGRで2029年までに1354.9キロトンに達すると予想されています。 市場での自然冷媒の需要は、モントリオール議定書、F-ガス規制、重要な新代替政策(SNAP)などの積極的な政府規制の増加により、大幅に増加すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]