次世代戦場技術の世界市場、爆発物処理が牽引 – 2024年には123億5130万米ドルに

次世代戦場技術の世界市場は、2018年の166億5840万米ドルから2024年には421億2020万米ドルに成長すると予想されています。そのアプリケーションとしては、サイバーセキュリティ、データ戦、監視、物流・輸送、爆発物処理、ヘルスモニタリング、戦闘シミュレーションが挙げられます。

そのうち爆発物処理セグメントが最大の市場シェアを持ち、2018年に次世代戦場技術の世界市場の約28%を占めていました。また爆発物処理市場の成長率はCAGR 17.92%と、他セグメントと比較しても高く、その市場規模は2018年の46億6440万米ドルから2024年には123億5130万米ドルに達するとされています。次世代の戦場技術市場における爆発物処理セグメントの高い成長率は、危険な爆発物への防衛手段に対する高い需要を背景とするものです。

サイバーセキュリティの成長も目覚ましく、予測期間中にCAGR 17.73%で成長し、2024年までには爆発物処理についで2番目のセグメントとして現れると予想されます。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]