UHT (超高温殺菌) 牛乳市場、世界的な都市化の進展により高品質牛乳の購入傾向高まる


レポートの市場力学セクションでは、UHT牛乳市場での製品の需要と供給を左右するさまざまな要因を検証しています。この章の分析は、市場が向かう方向と、それに対するさまざまな要因の影響についての深い分析を提供します。このセクションではUHT (超高温殺菌) 牛乳市場におけるドライバー、抑制、機会、市場にプラスとマイナスの影響を与えるいくつかの要因のリスト、分析といった市場のダイナミクスについて説明します。


世界的な収入の増加と人口の可処分所得の漸進的な増加により、個人や家族は高品質のUHTミルクを購入できるようになりました。社会のさまざまな層の家族による牛乳消費のタイプは、彼らが利用できるようにするべき乳製品の種類を決定します。社会の貧しい人々は、新鮮な牛乳を買う余裕がないため、通常、牛乳の消費源として粉乳に依存しています。社会が個人所得の面で徐々に改善するにつれて、彼らは地元の酪農場からの新鮮な牛乳の消費にシフトします。新鮮な牛乳からUHT (超高温殺菌) 牛乳への移行は、栄養要求を満たすために高品質の牛乳を購入できる上流階級の社会に主に利益をもたらします。


北米やヨーロッパなどの先進地域の社会は、低所得の発展途上国よりもはるかに多くUHT牛乳にアクセスできます。世界的な都市化の進展により、高品質の牛乳を購入する傾向が徐々に高まっており、さらに、新鮮な牛乳を購入するよりもパッケージミルクを購入して保管する方が便利です。 都市化のレベルが上がると、より良い教育と高収入の仕事が確保され、プレミアムな食料品を購入する可能性が高まります。 プレミアム牛乳の消費は、社会的および経済的地位の高い人々と大きく関連しています。 したがって、UHTミルクプロバイダーは、販売性を高めるために製品のマーケティングとブランディングに重点を置いています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]