糖尿病管理向け電子皮膚パッチ市場 – 2024年には66億1270万米ドルに

この図は世界の電子皮膚パッチ市場の応用別シェアを示しています。糖尿病管理は、2018年の時点で26億7930万米ドル、2024年には66億1270万米ドルに達すると予想されています。この間のCAGRは16.55%となります。糖尿病の有病率の増加により、糖尿病管理は電子皮膚パッチ市場の2018年の収益に最も貢献しました。一方で、心血管管理、体温モニタリング向け市場は糖尿病管理を上回る17.39%のCAGRで拡大するとされています。これは、人々の間で健康とフィットネスに対する意識が高まっていることに起因しています。
糖尿病は最も一般的な慢性疾患の1つであり、いくつかの合併症により、死亡リスクが大幅に高まることで知られています。ウェアラブルデバイスの進化により、糖尿病の非侵襲的な管理が可能になりつつあります。非侵襲グルコースセンサーでグルコース値を測定し、インスリンポンプによりインスリンを連続的に供給することができます。

リモートコントロールの弱点はその脆弱性にあり、時にはリコールにつながる事例も見受けられます。たとえば、Medtronic社はメッセージアラームの誤動作により、MiniMed 620GおよびMiniMed 640Gをリコールしました。糖尿病管理・治療向けパッチを提供するAbbott Laboratories、Insulet Corporation、Nemaura Medical、DexComなどは診断管理向けの製品も提供しています。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]