スマート灌漑制御装置市場 – アジア太平洋で急成長、CAGR 16.05%

スマート灌漑制御装置の世界市場は2019年から2024年にかけて15%のCAGRで成長し2018年の2億760万ドルから2024年までに4億8,019万ドルに達すると予測されます。節水に対する需要の拡大、スマート灌漑導入の機運の高まりは参入企業にとって重要な成長機会を提供します。

スマート灌漑制御装置市場の成長を促進する主な要因として、節水を促進する政府の取り組み、スマート灌漑制御装置の設置に対する助成金制度、スマート灌漑制御装置ソリューションの使用による農場生産性改善への注力が挙げられます。

北米地域は2018年にスマート灌漑制御装置市場で最高の収益を上げました。この地域は、農業業界の技術的進歩などのいくつかの要因により、過去数年間で急速な成長を経験しています。

北米に次いで規模の大きなアジア太平洋地域は予測期間を通じて最も高い成長率を維持するでしょう。気候条件の急速な変化、政府の多大な支援、節水の必要性の増加は、この地域におけるスマート灌漑制御装置の成長を支える重要な要素です。スマート灌漑制御に対する広範な需要、温室栽培の増加などの傾向は、ダイナミックな政府の取り組みと相まって、スマート灌漑制御市場に高い成長をもたらしました。この地域の多くの農家は需要の増大に対応するため、収穫量の増加、農産物の通年供給に注力しています。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]