eVTOL航空機は2025年以降に商用化の見込み、2035年までに18億9,970万ドル超に

世界のeVTOL航空機市場では開発と投資が活発化しており、プロトタイプの作成やさまざまなトライアルが進行中です。 eVTOL航空機市場で事業を展開している企業は、初期設計、プロトタイプから大量生産へ、飛行試験、稼働中、撤退などさまざまな段階にあります。トライアルが正常に完了した後、規制が整いeVTOL航空機が完全に機能するようになるまでに2?3年かかると予測されています。 eVTOL航空機は2025年以降に商用化される見込みです。

世界のeVTOL航空機の市場規模は2025年時点で5億2400万ドル、2035年までに18億9,970万ドルを超えると予想されています。その間の成長率は13.75%を記録します。出荷台数としては2025年に499ユニット、2035年に2,028ユニットに達すると予想され、2025-2035年のCAGRは15.05%で推移します。世界のeVTOL航空機市場は、従来の航空機と比較して低燃費で環境に優しい航空機の需要の増加や電気航空機の効率化、人口の増加に伴う代替輸送手段の必要性の高まりなどにより、大幅な成長が見込まれています。

eVTOL航空機の市場は急速に進化しています。 2025年以降、市場は米国、ドイツ、フランス、シンガポール、ドバイなどを含む大都市で存在感を示すことが期待されており、さまざまな場所でテストが進行中です。 eVTOL航空機の運用にはさまざまな規則や規制が必要なため、それぞれの国で市場シナリオは異なると予想されます。さらに、大手企業によるeVTOL航空機への投資の増加は、世界のeVTOL航空機市場の需要にプラスの影響を与えています。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]