IoTチップの世界市場を牽引するのはハードウェア – 2018年に69億7000万ドル


世界的なモノのインターネット(IoT)チップ市場は、ハードウェアとソフトウェアに分類されます。 IoTチップはIoTエコシステムの基盤として機能するため、ハードウェアとソフトウェアどちらも非常に重要です。ただし、収益の観点からは、ハードウェアセグメントが市場をリードしています。

ハードウェアセグメントの市場規模は2018年に69億7000万ドルと収益の大半を生み出しました。これはIoTチップの世界市場の83.65%に当たります。ハードウェアは、ソフトウェアのフットプリントとして機能しています。IoTチップの最も重要な側面と見なされています。一方で、ソフトウェアはIoTチップの相互接続に必要とされることから、今後数年で急速なペースで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]