植込み型医療機器およびウェアラブル医療機器向け先進電源ソリューションの世界市場 – 2018年時点でリチウム電池が50%以上を占める

医療機器業界は非常に速いペースで変化しており、現在、市場で利用可能なオプションについての認識がますます高まっています。植込み型医療機器およびウェアラブル医療機器に対する需要は拡大していますが、植込み型医療機器のバッテリーを何度も交換することはその特質上難しいため、デバイスに電力を供給するための高度な電源ソリューションが必要となってきます。そうした専用のソリューションにより、バッテリーの交換が不要となり、デバイスの安全性と信頼性を損なうことなく電源が提供されることになります。

植込み型医療機器およびウェアラブル医療機器向け先進電源ソリューションの世界市場の大部分はリチウム電池によるもので、2018年の時点で全市場の50.80%を占めています。リチウム電池は高いエネルギー密度を特徴としています。植込み型医療機器およびウェアラブル医療機器に対する全般的な需要増加、高齢者人口の増加、生活習慣病の増加などに伴い、医療用途に必要な安全基準を損なうことなく、利用者の生涯にわたって電力を供給できる高度な電源ソリューションへのニーズも高まるでしょう。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]