ネオアンチゲン癌ワクチン市場の成長、Tedopi上市によりはずみ

ネオアンチゲン癌ワクチンの市場はいまだ初期段階にあり、3分の2以上のネオワクチンが開発の初期段階にあると言います。しかし、OSE Immunotherapeutics、Immunovative Therapeutics、Medigene、Rocheなどの企業は、今後数年以内にネオワクチンを上市するという目標を掲げています。ネオアンチゲン癌ワクチン市場は、OSE Immunotherapeuticsが開発中のTedopiが上市されることにより、2023年以降に勢いを増すと予想されています。

汎用製品とオーダーメイド製品の比率に関して言えば、2023年にオーダーメイドが市場の大半88.90%を占め、この傾向は2023-2030年の予測期間中に継続する予定です。オーダーメイド製品の大部分は臨床開発の中間段階にあり、予測期間中に市場に投入されることが期待されています。

ペプチド製品は2023年において39.50%と最大の比率を占めると予測されています。開発中の製品構成は2023年以降大きく変化することがないため、この傾向は予測期間を通じて継続するでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]