AIソフトウェアセグメント、エネルギーにおける人工知能の中で最も高いシェアを保持


エネルギーにおける人工知能の世界市場は、2019年から2024年にかけて22.49%のCAGRで成長すると予想されます。市場の成長は、分散型発電の普及、エネルギー効率への関心の高まり、および途切れのない電源供給のためのストレージシステムに対する需要に大きく起因します。

AIソフトウェアセグメントは、現在、エネルギーにおける人工知能の中で最も高いシェアを保持しています。AIソフトウェアプロバイダーは、顧客のアプリケーションデータを維持および保存する責任があります。ただし、AI(AIaaS)またPaaSは、エンドユーザーがクラウドコンピューティングを使用してAI対応プラットフォームにアクセスできる新しいAI製品の1つです。 AI(AIaaS)は、エンドユーザーの目的とアプリケーションに応じて、従量課金あるいは定額制のサービスとして提供されます。

オーストラリア、インド、日本などの国は、再生可能エネルギーへの依存度の高まりとダウンタイム削減の波に支えられて、巨大な成長見通しを示すと予想されます。

人工知能市場は時間とともに成長しており、企業は、競争の激しい市場で業績を維持するために、パートナーシップやコラボレーション市場の統合などのコラボレーション戦略を考え出す必要があります。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]