遺伝子組み換え細胞培養サプリメント市場 – 2029年には上皮成長因子 (rEGF)が最大に

遺伝子組み換え細胞培養サプリメント市場のうち2018年に最も大きなシェアを持っていたのは推定値5,780万ドルの組み換えアルブミン (rAlbumin)でした。アルブミンがあらゆる種類の細胞培養培地で使用されているためです。アルブミンは、モノクローナル抗体および組換えタンパク質の製造に使用されます。アルブミンの主な機能は、小分子とイオン間の結合と分離にあり、酸化防止剤としても作用します。アルブミンは多くの無血清細胞培養の重要なコンポーネントです。

一方、最も急速に成長しているセグメントは上皮成長因子 (rEGF)です。世界の組換えEGF市場は2018年に3,320万ドルと推定されていますが、2019年から2029年までの間にCAGR16.29%で成長し、2029年には1億7,340万ドルになると予想されています。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]