マイクロフルイディクスプラットフォーム市場、CAGR13.77%で成長 – 2029年までに276億9460万米ドルに

上の図はマイクロフルイディクスのプラットフォームとチップの市場価値を示しています。マイクロフルイディクス市場の七割近くを占めるのはプラットフォームです。プラットフォーム市場規模は2018年に67億950万ドルと評価され、2029年までに276億9460万ドルに達すると予想されています。この間のCAGRは13.77%です。マイクロフルイディクスプラットフォーム市場の参入企業としてはMicronit Micro Technologies、microfluidics ChipShop、uFluidixなどが挙げられます。

一方、マイクロフルイディクスチップ市場のセグメントは、予測期間中に13.65%のCAGRで推移し、2029年には 144億7780万米ドルに達すると推定されています。

マイクロフルイディクスベースのプラットフォームの用途として、タンパク質、核酸、単一細胞、小分子などの分析が挙げられます。たとえば、1CellBio社のシングルセルRNAシーケンス解析プラットフォームである1Drop Systemを利用すると、全体コストを抑えながらより効率的な実験管理が可能となります。同様に、Agilent 社の2100バイオアナライザは、遺伝子発現、次世代シーケンシング(NGS)、遺伝子編集研究、バイオ医薬品アプリケーションなど、さまざまなワークフローにおける多様なサンプルタイプに対して正確な分析評価を提供します。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]