ウェアラブル技術での臨床試験加速 – これまでに約1,367件の臨床試験が実施 – Actigraph社、Fitbit社等が有力

世界最大の臨床試験データベースであるClinicaltrial.govの徹底的な研究から、ウェアラブル技術を使用してこれまでに約1,367件の臨床試験が実施されていることが明らかになりました。このうち、38%の研究のみが完了しており、62%の研究はまだ何らかの形で活動しています。この数は、中断または終了していない研究のみを考慮しています。評価された1,367件の臨床試験の中で、最も一般的に使用されているウェアラブルデバイスには、Actigraph(558)、Fitbit(386)、Garmin(33)、Apple(20)、およびEmpatica(16)が含まれます。これらのウェアラブルによって分析される主要なパラメーターデバイスは、アクティビティトラッキング、心拍数、心拍変動、睡眠、グルコースモニタリング、触覚、汗分析、電気刺激、UVトラッキング、および圧力センサーであることがわかりました。

さらに、ウェアラブルデバイスを使用した臨床研究の主要な治療分野は、心血管、神経科学、呼吸器、睡眠、ストレス、糖尿病や肥満などの代謝障害、リウマチ、痛みであることがわかりました。
本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]