液浸冷却市場、2027年に16億550万米ドル規模到達見込み

市場の概要

液浸冷却の世界市場は、2021年に2億5,100万米ドル規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は36.3%のCAGRで成長し、2027年には16億550万米ドル規模に達すると予想されています。

世界の液浸冷却市場の成長は、水不足の深刻化とコロケーションおよびハイパーデータセンターの数の増加によってもたらされると予測されます。

市場のライフサイクルステージ

液浸冷却市場は成長段階にあります。サーバーやネットワーク機器は24時間365日稼働しているため、冷却はデータセンターの標準的な業務であり、コア温度が上昇し、制御できない場合はデータセンターの停止につながる可能性があります。水不足の解消、気候変動対策、持続可能な都市インフラ、リサイクルと再利用性などは、液冷技術の採用に向けて技術革新と改善を推進することが期待されるSDGsの一部です。そのため、データセンターの増加により、液浸冷却技術の利用が促進されています。

市場のインパクト

・液浸冷却は、高密度データセンターで使用される可能性のある誘電体冷却剤の使用により、熱管理技術に大きな影響を与えます。この誘電体液により、熱や環境リスクから重要な要素を保護しながら、CPUやGPUクラスターをより近くに配置する、つまり高密度構成にすることができます。

・液浸冷却は、従来のデータセンターと将来のデータセンターとのギャップを埋めるものです。データインフラのシステム効率を向上させるだけでなく、消費電力量を大幅に削減することができます。これは、エネルギーコストとカーボンフットプリントの削減につながります。

COVID-19の市場への影響

COVID-19パンデミックの影響により、2020年における液浸冷却市場の売上は若干減少しました。しかし、2021年から徐々に増加傾向に転じる可能性があります。市場参加企業はこの危機から前向きに立ち直るための戦略を採用しており、世界の液浸冷却市場は今後力強い成長を示すと予想されます。

市場の動向

・2018年9月、富士通は、総所有コスト削減を支援する液浸冷却システムを発売しました。

・2021年3月、SubmerとSYNNEX Corporationが提携しました。この契約により、Submerの一連の液体冷却およびエッジレディソリューションは米国で製造され、SYNNEXが販売することになりました。

・2022年1月、Green Revolution Coolingは、デジタルインフラの環境負荷を低減するためにインテルと協業しました。これにより、顧客は将来、データセンターで高度な液浸冷却技術を開発し、導入することが可能となります。

市場の推進要因

・持続可能な冷却ソリューションへのニーズの高まり

・運用コストの削減

市場の制約要因

・市場に存在する代替技術

・システムの故障や液漏れが発生した場合の追加コスト

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]